青クマの解消法とは?

目の下がパンダさんになっていると、印象もよくありませんよね。

年中、目の下にクマがあると・・・。
疲れた人、病弱っぽい人という印象になってしまうかもしれません。

そんなクマをできれば根本から解決したい!と思いませんか?
目の下のクマの解消法についてご紹介していきます♪

冬場はクマも出やすい?!

クマ出現注意なのは、女性の場合冬場の方が多くなります。
冬は寒いし、乾燥しやすいし冷え症の人にとっても辛い季節です。

青クマの大きな原因は血行不良なので、当然冬の方ができやすくなってしまいます・・・。

身体を冷やさないような工夫が大切

冬場の冷えだけでなく、夏も冷房などで冷えやすくなってしまいます。

クマを作らないためにも、冷え対策をしっかりしていくことが重要になってきます。

オススメの冷え対策

・冷たい食べ物は避け、温かいものや旬のものを食べるように心がける

・運動不足も、血行不良の大敵です。筋力をアップさせて体温を上げていくことも大切。適度な運動を心がけていきましょう。

・タンパク質をしっかり摂るようにする(熱に変わりやすいため)

・お風呂にしっかりとつかりましょう。半身浴もオススメです♪

・カシスがおすすめ
カシスポリフェノールが血流をよくさせるとのことで、カシスを食べた後にクマが改善された!という報告もあります。ぜひ食べていきたいですね。
どんどん研究もされていると思いますので、カシスサプリを摂るのも効果が期待できそうです。

身体の中から温めていくことで、顔全体も血行が良くなってきます。
血流がよくなると顔色もよくなってくるので、これらの対策は遠回りのようですが実は近道となっています。

他にも

・マッサージや目元化粧品・クリームを使用する

ということもオススメです。
血液の拡張を促進することでいえば、目の周りを蒸しタオルで温める。というのも効果的です。
温めて、冷やすという温冷法もオススメです。

マッサージは癒し効果もありますし、リンパが流れると浮腫み対策にもなりますね。皮膚の疲れも癒してあげましょう。
目元は非常に皮膚が薄くデリケートなので、やさしくするのもお忘れなく。

アイクリームを使って、簡単に消すことも可能ですが、
もともとクマができないように工夫していくことで、
クマ知らずになることができるでしょう。

疲れたときには休憩する、目を休める時間を作るということも
普段から気を付けていきたいですね。

私もついついスマホを始めるとやめられなくなってしまうので、
気をつけなくては!と思っています。