青クマが出来てしまったら?!青クマの原因はコレ

「なんか疲れてる?」

「顔色悪いねー」

私がよくこういわれる理由、それは全部青クマのせいです・・・。

目元が暗いとどうしても印象が暗くなってしまいがちですよね。
お疲れキャラで生きていくのもイヤです!

この青クマとオサラバするために、色々と実践していきたいと思います♪
がんばって、脱青クマしたいと思います!

青クマは健康な人には出ない?

私は20代で青クマに悩んでいますが、実は10代の子でも悩んでいる人は多いそうですよ。

これが20代、30代と続いていくと・・・解消が難しくなってきますので、いまのうちからしっかりと対策などもしていきたいところです。

青クマは、身体の内側から現れてくるものです。

しっかりと健康を意識していくことも大切です。

青クマの原因といえば血行不良

目の下が青っぽく見えてしまうのは、血行不良が原因です。
目の下の皮膚ってとっても薄いんです!

薄い分、血管が好けやすくなってしまうんですね。

血行不良だから・・・と目の下のマッサージをしてもすぐには改善されにくいです。
それは、目の下だけでなく、他の部分も血行不良になっているということです。
目の下がわかりやすくなっているだけで、他の部分も血の流れが悪くなっているということです。

手足が冷えやすい、とか冷え症の人も青クマができやすいと言えるでしょう。

青クマの原因は眼精疲労化も?

最近は、目を使う機会がすっごく多いですよね。

朝起きたらとりあえずスマホ。仕事ではパソコン、など常に目を使っている状態・・・という方も多いのでは?
私もスマホでニュースなどをよく見ているので、心当たりがありました・・・。

仕事で使うのは仕方がないものなので、適度に目を休めてあげましょう。

肩こりが原因で起こることも

忙しい日々を送る中で、肩こりに悩まされている方も多いでしょう。

仕事ではパソコンを使ったり、買い物で重い荷物を持ったり家事でつらい体勢が続いたり・・・ということで肩こりになりやすくなる年代でもありますよね。

肩や首が凝っていると頭への血流も滞ることになってしまいます。

肩こりにならないように気を付けることも重要ですね。

ご存知睡眠不足

睡眠時間が短いと、どよーんと目の下にクマが・・・というイメージがありますよね。
それもその通りで寝ている間に血液を拡張させてたくさんの量が身体の中を巡っています。
睡眠不足になると、血行不良になってしまうので、目の下に分かりやすく出てくるということなんですね。

当てはまるものはありましたか?
まずは原因を知ることも大切です。