h8334ncj983jfd のすべての投稿

身体の内側から青クマを消そう♪

青クマがなくなれば、顔色もよく見えるし、見た目の印象が暗い・・・
ということは避けることができるはず。

クマの対策として大切なのが、身体の内側からクマの原因取り除いていく
ということになってきます。

クマができなければ、ケアの必要もなくなってきますよね。

今回は、サプリや必要な栄養素についてご紹介していきます♪

クマに効く栄養素ってどんなの?

目の下のクマには種類も原因も違ってきます。
したがって、必要な栄養素も違ってきます。

でも、
・健康的な生活を送る
・規則正しい生活を送る
・栄養バランスよく食事を摂る

というのは共通しています。
これは、クマだけでなくダイエットなどにも共通ですよね。
やはり、基本的な生活がある程度きちんとしているということは大切です。
と言いながら、私は全然きちんとしていませんが・・・。反省です。

普段の食生活では、きちんと栄養素が補えていないのかも?!
という方はサプリを飲む、というのも一つの方法です。

今は、ドラッグストアに行くとズラーーーーーッとサプリメントが並んでいますよね。
内脂肪に効くもの、貧血に効くもの・・・と効能もさまざまです。

 

クマ対策に必要な栄養素は?

青クマの主な原因は血行不良です。

血液の流れをよくするものといえば・・・

・ビタミンE
・鉄分
・葉酸
・ビタミンC

があります。葉酸は血液をサラサラにしてくれますし、ビタミンEや鉄分は血行促進の作用があります。
ビタミンCは鉄の吸収を抑えてくれます。

食べ物でいうと
ビタミンE →もろへいや、らっかせい、アーモンドなど

鉄分 → ほうれん草、アサリ、ひじき、大根・・・・など

葉酸 → 春菊、ほうれん草、アスパラ、マンゴー、ブロッコリー など

ビタミンC → レモン、オレンジ、アセロラ、いちご など

というのが多く含まれているものになります。
緑黄色野菜をしっかり食べたらいいのかな~?
というイメージですが、毎日これだけの野菜を摂るのもプレッシャーになってしまいそう・・・という方も多いのではないでしょうか?

これらが一つになったクマ対策サプリというのは販売している・・・のか見つかりませんでしたが、
マルチビタミンなどでも、コスパがいいのでいいのかな?と思います。

サプリを選ぶときは、これらを摂取できるものを選んでくださいね。
サプリメントは、すぐには効果が感じられませんが、1ヶ月2か月くらいたつと、あれ?そういえば?と気が付くことも多いです。

ずは、1ヶ月試してみましょう。

青クマをうまく隠す方法は?

目元のクマが気になるので何とか消したい!

と色々とケアをしている最中ですが、
見た目がやっぱり気になりますよね。

目の下にクマがなければ、印象もグッと明るくなるのに・・・
と思っていませんか?

ケア中の青クマ、メイクで上手に隠していくことも大切なことですよね。

今回は、青クマを上手に隠していく方法をご紹介していきます♪
目元の透明感をアップしていきましょう。

コンシーラーで隠す!

青クマは血行不良が原因です。
皮膚が薄いために、黒っぽく見えてしまうんですね。色白さんにも多いです。

カラーはオレンジをチョイス

コンシーラーをつかって、上手にクマを消していきましょう。
まずは、コンシーラーの色ですが、こちらはオレンジがオススメです。

肌馴染みの良い3色カラーセットなどを使って合わせていくのもよいですね。

青クマにはオレンジがオススメですが、
ちなみに、
茶クマにはイエロー系
黒クマにはベージュ、オークル系がオススメです。

クマを隠すたのコンシーラーの使い方

クマを隠したいから、としっかり厚塗りしてしまいたい気持ちもわかりますが、
基本は薄塗りです。

薄く乗せていくことが、化粧のよれが崩れを防ぐためにも大切になってきます。

クマの濃い部分に乗せていく

すぐ目の下ではなく、クマが気になるライン上にコンシーラーを乗せていきます。
ちょうどほうれい線の上のラインといったところへ線のように乗せましょう。

指でなじませていく

そして、肌色に馴染ませていきましょう。

オススメのコンシーラーはこちら♪

セザンヌ:コンシーラーパレット

680円とプチプラなのも魅力的ですが、カラーも3色あり、自分の肌色に合わせやすくなっています。
クマだけでなく、肌の色ムラが気になる人へもおすすめです。

・エクセル:サイレントカバー コンシーラー

こちらもプチプラで3色入っていてとってもお得です。1600円。
高密着でよれない、と謳っているだけあってコンシーラーの中でも人気が高くなっています。

シワにも溜まりにくいので、自然にカバーすることができます。
口コミサイトの中でも人気なので、クマ以外のカバーにも役立ってくれそうですね。

コンシーラーを使うと重くなる感じがイヤ・・・化粧がよれやすくなるのがイヤ・・・
といった印象がありますが、薄く使っていくだけでも
しっかりとクマをカバーしてくれます。

コンシーラーを使って顔色を調整していくことで、
見た目の印象をアップさせて明るい肌色にしていきましょう♪

 

20代にオススメのアイクリームは?

目元のたるみやシワ、クマが気になるようになってきた・・・

と悩むことが多くなってくるのが30代、40代です。

20代はまだまだ若い!のでクマができても解消しやすいし、
肌のハリなども充分ありますよね。

肌の状態をキープしたまま年を重ねていきたい・・・
と誰しもが思うものです。

そこで、今の自分の悩みをケアしながらも、未来の自分のためのケアもしっかりしていきたいところです。

ちょっと先を見つめてケアをしていくことも、とっても大切です!!

そこで、20代にオススメのアイクリームについて調べてみました。

20代にオススメのアイクリームは?

アイクリームや目元のケアは、まだしなくてもいいかな~?
と漠然と思っていませんか?

年を重ねていくと、見た目印象がとっても大切になります。
やはり目元が若々しいと、そのまま若い印象になりますよね。

今のうちからケアを始めて、ずっと若見えをめざしていきましょう♪

アイクリームの選びかたは?

やっぱり、目元って皮膚が薄いので乾燥しがちです。
乾燥がちになると、ちりめんじわの原因となったり
肌がカサカサになったり・・・

ということになりがちなので、やはり大切なのは保湿です。

40代くらいになってくるとアンチエイジングとしてのアイクリームが必要となってきますが、
20代の場合は、保湿メインのアイクリームがオススメです♪

青クマには血行促進

私の場合は、青クマに悩んでいるので、青クマ対策として血行促進が期待できるものがおすすめとなります。

茶クマの場合は、プラセンタ成分が配合されているもの
黒クマの場合には、レチノールが配合されているものをチョイスしましょう。

オススメアイクリームはこちら!

どんなアイクリームを選んだらいいのかな?と迷っている方へのおすすめはこちら。

ファンケル「アイセラム」

1836円~となっており、求めやすい価格帯となっています。
アイセラムは目元用保湿クリームで、乾燥しがちな目元をしっかりと保湿してくれます。

TREE 目元とまつ毛のご褒美

ネーミングも魅力的ですが、価格も定期購入で980円~と良心的です。

目元をケアしながら、まつ毛にも美容成分がいきわたるなんて理想的ですよね。
目元の疲れを癒しながら、しっかりケアしてくれます。

返金保証もありますので、気になる方はお試し感覚で使ってみるのもよいですね。

プチプラでも優秀なものがたくさんあります。
普段のお手入れにアイクリームを取り入れて、
クマを解消するだけでなく目元ケアにも力を入れて行きませんか?

目の下のクマが気になる!アイクリームは効果的?

クマが気になったり、目の下のたるみが気になってきたり・・・。

お肌の変わり目を少しずつ実感してくるようになりました。

私が気になっているのは、目の下のクマです。

クマがあるだけで、見た目もなんだかお疲れさまっていう感じになってしまうし
印象も暗めになってしまうのは避けたいところ・・・。

目元のケアとして効果的なアイクリームの効果について調べてきました。

目元の悩みにはアイクリーム

アイクリームは、目元の気になる部分をケアしてくれる美容クリームです。

目元のたるみ、シワ、クマ・・・など目元の悩みは様々ですよね。

ひとくくりにアイクリームといっても、クマなどに効果的なアイクリーム、たるみなどのエイジングケアに効果的なクリームなどあります。

色々な種類のアイクリームが販売されていますので今の自分の悩みに合うアイクリームを選んでいきましょう。

クマに効くのは?

目の下のクマに効くのは血行促進や美白効果、保湿効果、エイジングケアなどがあるクリームになります。

その中でもクマ対策としては血行促進効果が高いもの、などを選んでいくことが大切ですね。

色々と探してみると人気商品「アイキララ」がヒット。

ネットで人気のもので、使い始めると目元がふっくらしてきた、クマが気にならなくなってきた・・・という口コミも多いので気になるところです。

アイキララ半額キャンペーンの情報や、お安く手に入れる方法もあります。効果を実感するためにも、まずはお試し感覚で使ってみるのもよいかもしれませんよ。

目元がふっくらしてクマが目立たなくなる?!

アイキララは、目元をふっくらさせて、クマが気にならなくなるというアイクリー無になっています。
20代の今からケアしておくと、30代、40代になった時に違いが分かることでしょう。
これから筋肉も落ちてくるし、目元がくぼんでしまうと、クマの原因となってしまいます。
アイキララにはコラーゲン、MGAと呼ばれるビタミンC誘導体なども入っていますので、しっかりとケアしてくれます。
また、目の周りの皮膚を丈夫にしてくれるので、ふっくらしたと感じたり、
薄くなった♪と感じることができるでしょう。

アイクリームを使うことで、クマが薄くなる、目の周りの乾燥を防ぐことができる、と効果が楽しみなことがいっぱいあります。

マッサージなども取り入れながら、クリームでケアしていくことでダブルの効果が期待できますので、日々のケアにぜひ取り入れてみてくださいね♪

目の下のクマをマッサージで撃退!青クマ編

寝不足でクマができてしまった・・・。

最近、クマが気になるようになった・・・。

忙しい日々の中で、睡眠不足などが重なって目の下にクマができてしまうこともよくあることです。

でも、クマがあると疲れて見えるとか元気がなさそう、と見られるのは避けたいところです。

クマができてしまった時の対処法として、マッサージも効果的です♪
今回は、血行不良が原因で起こる青クマの対策をご紹介していきます。

青クマにはマッサージが効果的?!

最近は、スマホやパソコンの使い過ぎで疲れ目の人も多いですよね。

顔や、目元をマッサージすることでリンパの流れをよくして、老廃物を流していきます。

目の下の皮膚は薄くでデリケートなので目元を触る時は優しく触るようにしてくださいね。

目の周りにはツボもたくさんありますので、刺激することでしわやたるみのケアもすることができます。

トントン刺激してクマ解消♪

人差し指、中指、薬指の3本の指を使って、目の下をトントンと軽くたたきましょう。

目頭から目尻に向かってトントンして戻ってきます。(4~5回くらい)

つまんで血行をよくしよう♪

それから、目の下の皮膚を軽くつまんでいきましょう。

強くつままないように気を付けてくださいね。
これも目頭から目尻に向かって流していくようなイメージで4~5回繰り返しましょう。

指先で抑えてじんわりと温めよう♪

先ほどの3本の指を使って抑えていきましょう。

これもやさしく抑えてくださいね。

抑えることで目元がじわ~っと温まるのが分かると思います。

これをするだけでも、目元が温まり目がシャキッとします。
目元がクッキリするし、クマの解消も期待できるのでとてもオススメです。

目元マスクやアイクリームもおすすめ!

蒸気でホットアイマスクなど、市販のものをプラスして使うこともおすすめです。
目元を温めてくれるので、血行不良の解消にはぴったり。

寝る前に使うと、寝つきがよくなる、という人も多いですよね。

その他にも、アイクリームを使うことで、クマや乾燥の対策ができます。
目元に特化したものなので、クマやくすみ、目元の悩みに効果があります。

マッサージだけでなく、色々と組み合わせて使うことで効果も倍増すると嬉しいですよね。

オススメのアイクリームや、目の下のクマ対策に効くものなどもありますので、
それは後日、ご紹介したいと思います♪

 

 

青クマの解消法とは?

目の下がパンダさんになっていると、印象もよくありませんよね。

年中、目の下にクマがあると・・・。
疲れた人、病弱っぽい人という印象になってしまうかもしれません。

そんなクマをできれば根本から解決したい!と思いませんか?
目の下のクマの解消法についてご紹介していきます♪

冬場はクマも出やすい?!

クマ出現注意なのは、女性の場合冬場の方が多くなります。
冬は寒いし、乾燥しやすいし冷え症の人にとっても辛い季節です。

青クマの大きな原因は血行不良なので、当然冬の方ができやすくなってしまいます・・・。

身体を冷やさないような工夫が大切

冬場の冷えだけでなく、夏も冷房などで冷えやすくなってしまいます。

クマを作らないためにも、冷え対策をしっかりしていくことが重要になってきます。

オススメの冷え対策

・冷たい食べ物は避け、温かいものや旬のものを食べるように心がける

・運動不足も、血行不良の大敵です。筋力をアップさせて体温を上げていくことも大切。適度な運動を心がけていきましょう。

・タンパク質をしっかり摂るようにする(熱に変わりやすいため)

・お風呂にしっかりとつかりましょう。半身浴もオススメです♪

・カシスがおすすめ
カシスポリフェノールが血流をよくさせるとのことで、カシスを食べた後にクマが改善された!という報告もあります。ぜひ食べていきたいですね。
どんどん研究もされていると思いますので、カシスサプリを摂るのも効果が期待できそうです。

身体の中から温めていくことで、顔全体も血行が良くなってきます。
血流がよくなると顔色もよくなってくるので、これらの対策は遠回りのようですが実は近道となっています。

他にも

・マッサージや目元化粧品・クリームを使用する

ということもオススメです。
血液の拡張を促進することでいえば、目の周りを蒸しタオルで温める。というのも効果的です。
温めて、冷やすという温冷法もオススメです。

マッサージは癒し効果もありますし、リンパが流れると浮腫み対策にもなりますね。皮膚の疲れも癒してあげましょう。
目元は非常に皮膚が薄くデリケートなので、やさしくするのもお忘れなく。

アイクリームを使って、簡単に消すことも可能ですが、
もともとクマができないように工夫していくことで、
クマ知らずになることができるでしょう。

疲れたときには休憩する、目を休める時間を作るということも
普段から気を付けていきたいですね。

私もついついスマホを始めるとやめられなくなってしまうので、
気をつけなくては!と思っています。

 

青クマが出来てしまったら?!青クマの原因はコレ

「なんか疲れてる?」

「顔色悪いねー」

私がよくこういわれる理由、それは全部青クマのせいです・・・。

目元が暗いとどうしても印象が暗くなってしまいがちですよね。
お疲れキャラで生きていくのもイヤです!

この青クマとオサラバするために、色々と実践していきたいと思います♪
がんばって、脱青クマしたいと思います!

青クマは健康な人には出ない?

私は20代で青クマに悩んでいますが、実は10代の子でも悩んでいる人は多いそうですよ。

これが20代、30代と続いていくと・・・解消が難しくなってきますので、いまのうちからしっかりと対策などもしていきたいところです。

青クマは、身体の内側から現れてくるものです。

しっかりと健康を意識していくことも大切です。

青クマの原因といえば血行不良

目の下が青っぽく見えてしまうのは、血行不良が原因です。
目の下の皮膚ってとっても薄いんです!

薄い分、血管が好けやすくなってしまうんですね。

血行不良だから・・・と目の下のマッサージをしてもすぐには改善されにくいです。
それは、目の下だけでなく、他の部分も血行不良になっているということです。
目の下がわかりやすくなっているだけで、他の部分も血の流れが悪くなっているということです。

手足が冷えやすい、とか冷え症の人も青クマができやすいと言えるでしょう。

青クマの原因は眼精疲労化も?

最近は、目を使う機会がすっごく多いですよね。

朝起きたらとりあえずスマホ。仕事ではパソコン、など常に目を使っている状態・・・という方も多いのでは?
私もスマホでニュースなどをよく見ているので、心当たりがありました・・・。

仕事で使うのは仕方がないものなので、適度に目を休めてあげましょう。

肩こりが原因で起こることも

忙しい日々を送る中で、肩こりに悩まされている方も多いでしょう。

仕事ではパソコンを使ったり、買い物で重い荷物を持ったり家事でつらい体勢が続いたり・・・ということで肩こりになりやすくなる年代でもありますよね。

肩や首が凝っていると頭への血流も滞ることになってしまいます。

肩こりにならないように気を付けることも重要ですね。

ご存知睡眠不足

睡眠時間が短いと、どよーんと目の下にクマが・・・というイメージがありますよね。
それもその通りで寝ている間に血液を拡張させてたくさんの量が身体の中を巡っています。
睡眠不足になると、血行不良になってしまうので、目の下に分かりやすく出てくるということなんですね。

当てはまるものはありましたか?
まずは原因を知ることも大切です。

20代からクマで悩んでしまう原因とは?

若いうちは、少々の睡眠不足や疲れでも、すぐに吹き飛んでしまっていたのに、最近になって、クマが気になるようになってきたなぁ・・・と感じている方も多いのでは?

20代って、まだまだ若いです!

それなのに、早くも悩んでしまうなんて・・・。
睡眠不足や疲れから起こってしまうのが一般的なイメージだと思いますが、
クマにもそれぞれ種類があって、原因もそれぞれ違うんですよね。

私も、クマが気になるようになって初めて知ったのですが、
これからお肌のいろんなトラブルが起こってくると思うので
そのたびに対処していきたいです。

まだまだ若いと思っていたけど、20代を過ぎるとクマで悩む女性も増えているそうですよ。

適切に対処していって、クマなしの日々を送っていきましょう♪

クマには3つの種類がある

ひとことにクマといっても、実は3種類に分けることができます。
自分が、どのクマなのかを知るということも大切ですね。

青クマ

目の下が青っぽいクマは青クマです。
目の下を下に引っ張ってみると、クマが薄くなって見えます。

目の周りの皮膚ってとっても薄いので、目の周りの毛細血管の血流が悪くなると青クマが出現しやすくなります。

血行不良や目の疲れ、睡眠不足などが青クマの原因です。

黒クマ

目の下にくぼみができていて、目の下が黒っぽく見えるのが黒クマです。

加齢でたるんだり、目の下の皮膚が薄くなってしまってしまうことが原因になります。
むくみでも出来てしまうこともあります。

年齢を重ねていくことで、増えていくのが黒クマです。

茶クマ

茶クマとは、目の下が茶色っぽく見えるクマのことで、
目の下を引っ張っても薄くならないのが特徴的です。

これは、色素沈着によるものが多く、シミが集まってクマに見えることもあります。

目をゴシゴシ擦っていることや、紫外線をたくさん浴びることで出来てしまうクマですね。

自分のクマを知って対処していこう

クマに、いろんな種類があるなんて意外だったかもしれません。

自分のクマの状況をチェックしてみて、そこからクマに合った対処していくことで
効果的に改善することができますよね。

まずは、自分がどのクマになるのかを確認してみましょう。

私の場合は、青クマのようなので、これから青クマの治し方なども
調べてシェアしていきたいと思います!

クマがあると、お疲れ顔に見られたり、元気がなさそうって思われてしまいがちですよね。
しっかりとケアをして、クマをカバーしていきましょう♪